自然から生まれ、自然と共に生き、自然に還る。 自然から生まれ、自然と共に生き、自然に還る。
環境のためにできること、ぜんぶ。 環境のためにできること、ぜんぶ。
ECONET PROJECT ECONET PROJECT
スクロール

MOVIE

WHAT IS ENP? ENPとは?

葉っぱ

私たちのミッション3Rから4Rへ 環境にいいことを
すべてやる。

自然から生まれ共に生き、自然に還る。
これは古来より続く日本の文化そのもの。
今こそ地球からの借りものを返していく、そんなエコ活動が求められているのではないでしょうか。
私たちは以前からの環境保全活動3Rに、地球に還る素材
“Return to the Earth”を加えた『4R活動』を推進します。

自然から生まれ共に生き自然に還る4Rエコファクトリーの実現を目指して私たちは進みます。

私たちのミッション3Rから4Rへ 環境にいいことをすべてやる。

OUR SERVICE ENPの事業内容について

  • 01 プラスチック樹脂リサイクル
  • 02 エコ・コンサルティング
  • 03 地球に還る商品の取り扱い
  • 04 ロスからゴミ袋へリユース
  • 05 リデュースに繋がる啓蒙活動
葉っぱ
葉っぱ
葉っぱ

プラスチック樹脂
リサイクル

プラスチック製品の製造時に排出される「ロス品」と呼ばれる不良品を回収し、細かく砕いて熱を加えて原材料に戻します。そうして作られた再生原料を再製品化にするまでの工程を私たちは全体のフローを含めてお客様にご説明しご理解を頂き、生まれてから、廃棄まで、ライフサイクルを長くするためのお手伝いをいたします。

プラスチック樹脂リサイクル
葉っぱ
葉っぱ

プラスチック樹脂の
エコ・コンサルティング

私たちは「地球のために何かしたい」という想いを形にしていくために、製品のリサイクルから堆肥化、食品の栽培まで人々の暮らしに寄り添った物質循環の環境作りをサポートします。47年前からエコに取り組んでいるからこそ、経験とネットワークを駆使して皆様のエコ活動のコーディネートを承ります。

プラスチック樹脂のエココンサルティング
葉っぱ
葉っぱ

地球に負担をかけず
地球に還る商品の取り扱い

生分解性素材を使用した衣類の開発

生分解性素材を使用したTシャツ、タオルなどを開発し、日用品としてよく使用するモノからプロフェッショナルの現場のサポートまで、衣類以外の製品の開発にも前向きに取り組み対応しております。日用品メーカーの各店舗や市役所、学校など回収が可能な状況の場合、回収をし堆肥に返すまでの工程をサポートいたします。

地球に負担をかけず地球に還る商品の取り扱い

自然素材を持つヤシの葉を使用した
エコリーフ

ヤシの葉を使用したエコリーフは、地球環境に優しいプロセスによって化学薬品や添加物を使用しない天然素材100%で製造された製品になります。製造工程全体で化学薬品や添加物は使用されていないため他の使い捨ての製品と比較した場合、製造工程また焼却時における全体のCo2削減にも効果的です。

地球に負担をかけず地球に還る商品の取り扱い
葉っぱ
葉っぱ
葉っぱ

ロス→ゴミ袋へリユース。
再生材100%ゴミ袋のご提供

工場で出てきたプラスチック製品のロスを生まれ変わらせて、リサイクルポリエチレン100%の原料を使用しエコを考えた地球にやさしいポリ袋に、楽しく清掃活動ができるようイラストをプリントし地域の清掃活動、企業のCSR活動、イベントなどにご使用頂いております。

ロス→ゴミ袋へリユース。再生材100%ゴミ袋のご提供
ロス→ゴミ袋へリユース。再生材100%ゴミ袋のご提供
葉っぱ 葉っぱ
葉っぱ

リデュースにつながる
啓蒙活動の仕組み作り

“もったいない” という意識を学ぶという考えのもと私たちはエコ教育活動を実施しています。子どもたちが地球に対する優しさを身近に感じ、物の大切さを知ることで、社会と地球環境に貢献できる大人になってもらえたらという願いを込めリデュースにつながる啓蒙活動の仕組み作りに取り組んでいます。

リデュースにつながる啓蒙活動の仕組み作り

ABOUT US 会社情報

会社名

株式会社 中部日本プラスチック
エコネットプロジェクト事業部

所在地

本社:
〒431-3113 静岡県浜松市東区大瀬町1844番地

関東支店:
〒329-4401 栃木県栃木市大平町牛久258番地

西日本支店:
〒720-2113 広島県福山市神辺町旭丘49-1 神辺工業団地内

電話

本社:053-433-1933(IP 050-3360-9648)
関東支店:0282-20-1707
西日本支店:0866-74-0095